最近話題の電子タバコ!失敗しないためにも購入前に基礎知識を知っておこう

当サイトでは最近話題の電子タバコに関する情報をご紹介しています。
初めてなので失敗するのが不安だという場合には、購入前に基礎知識を知っておけば安心です。
自分に合ったアイテムを見つけて、嗜好品として楽しむのがおすすめです。
またこのサイトでは利用するメリットからデメリットまで解説しています。
どのような点で優れているのか理解することが出来るほか、利用に関して気を付けるべきところも分かるのできっと参考になるでしょう。

最近話題の電子タバコ!失敗しないためにも購入前に基礎知識を知っておこう

電子タバコの購入で失敗したくない人は多いのではないでしょうか。
電子タバコには使い捨て式とリキッド式、それからカートリッジ式があります。
試しに使ってみたい場合には気軽に利用できる使い捨てタイプが便利です。
とはいえもし大量に吸いたい場合には、ランニングコストが安いリキッド式を選ぶと良いでしょう。
好みに合わせて選べるリキッドには、様々な味わいの製品があります。
その中でも人気があるのはメンソールタイプのものです。

まずは電子タバコの基本を確認しておこう

電子タバコとは、次世代式タバコと呼ばれている喫煙者の禁煙アイテムとして、近年注目を浴びているタバコタイプのものです。
基本的に、電子タバコはタバコ葉を使用しておらず、従来の紙巻タバコに使用されているタバコ葉に含まれている有害物質と言われているニコチンやタール、一酸化炭素を吸引することがないことが最大の特徴です。
タバコの有害性物質が混入しておらず、健康被害が極めて少ないという点が魅力です。
プロピレングリコールと植物性グリセリンという食品添加物を使用したリキッドと呼ばれる液体を加熱して、発生する霧状のベイパーを吸って楽しめるほか、リキッドを変えるだけで日々色々なフレーバー味を楽しむことができます。
タバコに近い苦みのある味をはじめ、フルーツ系やスイーツ系、ドリンク系など種類が豊富にあるのも電子タバコでしか味わえません。
また、タバコに近い喫煙体験ができることから禁煙に効果的で、想像以上に従来の紙巻タバコの代用として役割を果たしてくれるアイテムです。

電子タバコと紙巻きタバコの違いとは?

電子タバコと紙巻タバコの違うところは、紙巻きタバコは主なタールやニコチンなどの有害物質を発生させるタバコの葉を用いて作られています。
一方、電子タバコはタバコの葉を使わないで製造しています。
電子タバコの材料は、タバコの葉ではなく液体状態のリキッドが多いです。
リキッドには、煙草の葉は含有していません。
そのために、発がん性や歯の黄ばみなどの原因になりやすいタールが入っていないということがわかります。
しかも依存性を高めやすいニコチン成分がゼロの電子タバコも近頃はよく出回っています。
また、吸うのに火も使わないで大丈夫なために副流煙が発生せず、受動喫煙やそれに伴う肺の不調などを防げるメリットもあります。
依存症対策もできる上に、ブルーベリー味やメンソール味などフレーバーも豊富になっているので、紙巻きタバコが辞められない方にも是非一度店舗やネットショッピングでのご購入を検討してほしい商品がたくさんあります。

電子タバコは加熱式タバコとも違う

近年、通常の紙巻タバコ以外に「次世代式タバコ」がブームとなっています。
大きく分けて「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の2種類が挙げられます。
まずこれらの種類は、通常の紙巻タバコと異なりニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないことが特徴で、身体への健康被害や有害物質発生による自然破壊への影響を考えることによって、禁煙や減煙に繋がることを目的に使用する方が急速に増えています。
加熱式タバコは紙巻タバコと同じ葉を使用している一方で、電子タバコは基本的にたばこの葉を使用しておらず、ニコチンが含まれているものと含まれていないものがあることが違いです。
また、電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱して、その蒸気を吸い込んで従来の紙巻タバコと同じような感覚を楽しむ製品であることが特徴です。
そのほか、フレーバー付きリキッドが使用されているものもあり、フルーツ系やスイーツ系といった色々なフレーバと味が楽しめることが大きな魅力です。

電子タバコは様々なフレーバーが楽しめる

電子タバコは蒸気の香りを楽しむものなので、比較できるように様々なフレーバーが用意されています。
紙タバコに近いタイプからお菓子のような甘いタイプまであります。
タバコ系はスモーキーでタバコを吸っているような満足感が特徴的です。
タバコ系では清涼感が足りないという人はミントなどのメンソール系が合っています。
喉にスカッとくる清涼感と刺激感がクセになります。
清涼感だけでなく甘さも感じられるのがドリンク系で、有名な炭酸飲料を連想させます。
グレープフルーツなどはフルーツ系に分類され、清涼感と新鮮な果物の甘味がリラックス効果をもたらします。
バニラやチョコレートはスイーツ系で、濃厚な甘さはお菓子やアイスクリーム好きにおすすめです。
電子タバコはPGとVGの配合比率で、蒸気の量や味の明確さが決まるため選ぶ基準となります。
またバニラとタバコなど複数のフレーバーを組み合わせたものもあり、様々な種類を試したくなる遊び心が満載です。

著者:中園茂信

筆者プロフィール

青森県弘前市生まれ。
仕事の休憩時間に毎日電子タバコを愛用。
電子タバコの魅力をネットで発信しています。
ニコチン0の電子タバコはこちら